2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.04.13 (Wed)

デクノボー。

今まで私は、自分の旅をしてきました。


何をする時も、自分自身のためによかれと思い、好き勝手な旅を続けてきました。


そして、数え切れぬほどの沢山の方々から恩恵をいただきました。


それはとても温かくて、優しくて、うれしくて、そして申し訳ない気持ちでいっぱいでした。



旅をして得たもの・・・


それは、人と人との繋がり・・絆・・です。


決して俺ひとりじゃ何もできなかった・・・。


本当に沢山の人々に助けていただき、今日この瞬間まで生きることができました。


この気持ちを言葉で表現することはできません。


けど、本当にありがとうございます。



今度は私の番です。



これからは、誰かのために一生懸命生きていこうと思います。


まずは、東北で被災された方々。待っていて下さい。






これで「クララと俺の大冒険」は終わります。


また違ったかたちで発信できたらいいなと思ってます。


その時がきたらここからお知らせしたいと思ってます。



ここまで応援して下さった方々、本当にありがとうございました。


IMG_0955.jpg

IMG_0793_20101214224257.jpg

IMG_0796_20101214224255.jpg

IMG_0808_20100813194943.jpg

IMG_0991.jpg

IMG_0889.jpg

IMG_0882.jpg

IMG_0833_20101219185942.jpg

IMG_0799_20101214224256.jpg

IMG_0917.jpg

IMG_1272b_20101214224256.jpg

IMG_0985.jpg


IMG_0969.jpg

スポンサーサイト
21:32  |  チャリ旅  |  トラックバック(1)  |  コメント(3)

2010.12.19 (Sun)

なんだかんだ。

実はわたくし、先月の11月2日に福岡に帰ってきました。

今は毎日、仕事に励んでいる次第でございます。

今回の旅もいろんな方々に出会い、人生のお教えを頂き、非常に勉強になりました。

自転車でクララと俺で全国制覇と意気込んでいましたが、やめました。

その理由は後々お話するとして、遅くなりましたが、まずは佐渡島の続きからどうぞ・・・。






シロさんと別れた後も、ケイさんのお言葉に甘えさせてもらい、しばらく空き家で過ごした。


IMG_0824_20100813194942.jpg


IMG_0820.jpg


その後、佐渡島のお祭り「アースセレブレーション」へと向かった。

IMG_0857.jpg




アースセレブレーションとは、佐渡を拠点に世界的な公演活動を行なう太鼓芸能集団「鼓童」が、人間にとって根­源的な行為「たたく」をテーマに、1988年より佐渡の市町村と共に­開催している国際芸術祭。

佐渡の豊かな自然を舞台に新しい地球文化を探る国際芸術祭「アース・セレブレーション­」。太鼓の響きと世界の音楽、美しい自然が響きあい、地球の音楽を奏でる祭り。

アースセレブは3日間行われた。

太鼓をたたくというだけのことなので、甘く見ていたのだが、演奏を見て鳥肌が止まなかった。

すごいの一言。感動し、興奮した。


そして、港にある芝生の公園には、沢山の出店がでて、国際的に賑わっていた。

俺は毎日、路上に出て小銭を稼いだ。

IMG_0836_20101219185943.jpg


そんな中、「ゲリラライブ求む!」と書かれたライブステージがあった。

誰でも参加できるフリーステージではあったけど、最初は出ようとも思わなかったのだが、ここである男に再会した。

かずやんと言って、虹の岬祭りで出会った男だった。

去年も来たらしく、このステージで歌いに神戸からきたと言っていた。

「カズ君も出たらええやん」

そう言われて、色々悩んだ末、出てみようと思った。

予約しにいくと、3日目の最終日、最後の時間しか空いてないと言われた。

ラッシャーカズキ、人生ソロ初ライブin佐渡島。しかもオオトリ。

持ち歌は全部でたった3曲。これでなるべくなら30分間の時間を使わなくてはいけない。

長渕剛の「乾杯」。ハナレグミの「サヨナラCOLOR」。もんさんの「あかるいきざし」。

始まる3時間前から緊張がやってきて、居ても立ってもいれなくなり、焼酎を飲みだす。

前日から、お祭りで知り合った人達、出会った人に「明日、俺ライブするけん見にきてばい!」と言いまくった。

・・・押し寄せる後悔という大きな波。

しかし、無常にも刻一刻と近づいてくる時間。

そして、その時はやってきた!

俺の中で眩しいぐらいに浴びるスポットライト。

右手を突き上げ、元気に登場。客席にはざっと30人ぐらい。

「どーもぉー!!ラッシャーカズキでぇす!!よろしくおねがいしますぅ~」

・・・シーーーーーーーン。     ・・・パチパチパチ。

期待感がまったく感じられない空気と、かすかに聞こえた拍手で名も知らぬお笑い芸人を思い出す。

{うん、がんばろッ・・}

「私は今、日本を自転車でこいつと旅してまして・・・」

とクララを放し飼いにする。

心の中では{頼む!クララ、いつものように愛嬌よく振舞ってくれ!}と期待を込めたのだが、クララもこの空気を察してか、ずっと足元でジャンプ!ジャンプ!

そう、ジャンプは「抱っこ」の表現。うん、分かり合えてる俺達。

軽く無視して、話し出す。

この時すでにけっこう酔いがきていたのだが、なんさま緊張していたのでさらに酒をあおる。

投げ銭箱をセットし、フェリー代が無いと叫んだ。

外人通ればギブミーマネーと叫んだ。

旅の話をした。歌った。話しかけたりした。

酒の勢いもあり、調子に乗って即興で4曲目も歌った。「クララと俺の大冒険」

それはそれはひどいものだった。

ふと気付くと客席には3倍ぐらいの数の人が集まってくれていた。

こうしてなんだかんだで約1時間のライブは幕を閉じた。

ライブ終了後、投げ銭箱を見るとありがたくも沢山入っていた。

そして、聴いていた女子がやってきて、

「ひどい歌だったねぇ~!あんなひどいの初めて聴いたよ。」

とはっきり言ってくれた。

ハハハ!そりゃそうだ。本人がそう思っているっちゃけん。

わかっっちゃいたけどへこんだね・・・。

祭りを楽しむ余裕さえなく、穴があったら入りたいとテントに潜り込み寝た。

夜中12時頃、「カズ君。起きてる?」の声で目を覚ました。

かずやんだった。

「カズ君。ライブよかったで!」

「いやぁ~・・・正直へこんどるばい」

「そんなことないで。あれが大事やねん・・・。ごめんな起こして、おやすみ」

そう言い残し、かずやんは去っていった。

テントの中で横になり、満月を眺めながら俺は考えていた・・・。

「あれが大事」ってなんのことやろか・・・。

それを言われて、ひとつだけ思い当たることがあった。

それは、やるかやらないかの選択だった。

俺なんか歌もギターも上手くないし、人の曲コピーで歌ってるだけやし、俺なんかが出れるステージじゃないやろ。

と、かずやんに言い訳をしている自分に気が付いた。

挑戦するのか挑戦しないのか、と考えたら「やってやろう!」という気持ちが奥の方から湧いてきた。

結果はどうあれ、チャレンジした。

かずやんが言ってくれた「あれが大事」とはこのことなんかなと思った。

そう思ったらなんか力が抜けて、「初ライブにしてはよかったんやない?」

と自分を褒め称えていた。

夜中に月明かりのテントの中、ニヤニヤする俺・・・。

今こうして思い出すと、単純やね(笑)。

次の日は送り太鼓といって、鼓童の人達が踊っては太鼓をたたきみんなを見送っていた。

「またこいよ~~~~~!!」

目にはこみ上げてくるものがあった。

IMG_0853.jpg

こうして、6日間お世話になった高床式テントを片付けて佐渡島を後にした。

IMG_0856_20101219185943.jpg



                            つづく。






















17:50  |  チャリ旅  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)

2010.09.20 (Mon)

念願の北海道。

更新遅れてすんません。

なんとか北海道までたどり着いたよ。

ばってん、やっぱりでっかいどうばい。

とりあえず、今はニセコで必死に仕事探しとるよ。

冬を越すために住み込みのバイト探してはいるっちゃけど、やはりどこも

「犬はちょっとねぇ・・・」と言われ続けて凹んどるよ。

いや、きっとある!!

どこかに心優しいお方が、俺とクララを迎え入れてくれるはず!!

と、言い聞かせとるけど、余裕がまったくない俺。

ちぃ~せぇ~なぁ~。

最近は朝晩がかなり冷え込みだしてさらに焦ってる俺。

ちぃ~せぇ~なぁ~。

なんとかなる。

佐渡からの旅の話、写真も載せたいっちゃけどまた今度。

余裕ないけん、いっぱいいっぱいやけん。

ちぃ~せぇ~なぁ~。
19:34  |  チャリ旅  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2010.08.14 (Sat)

シロさんとの出会い。

それは、佐渡島に来て2日目のことだった。

その日は、佐和田海水浴場で久しぶりに海に飛び込んだ。

海に入ったのは何年ぶりだったろうか・・・。

雲も無く、日差しは痛いほど暑かった。

クララも暑そうだったので、テントを張り日陰を作った。

さっき薬局で買ったサンオイルを塗りつけ、マー君(マーチン)には申し訳なかったが砂浜でガンガン歌った。

夕方頃になると、東屋の下でBBQしていた人達は後片付けを始めていた。

「よし、今日はあそこに泊まろう」

去ったのを見計らって、急いで引越しを済ませた。

芝の丘の上にある東屋は見晴らしも、風通しも最高だった。

体もようやく赤くなり、やっと夏を満喫したと実感した。

今まで腕の部分しか黒くなくて、銭湯で鏡に写る自分の裸体を見て、「俺はパンダか!?」とつぶやいていた。

そんなパンダもようやく日焼けをし、旅人っぽくなってうれしかった。

夕日に向かってギターを弾いてると、一人の仙人がやってきた。

仙人とか本人に言ったら、きっと怒られるだろう。

その仙人の名はシロさん。

シロさんは小さな太鼓を持っていた。

「昼寝してたらギターの音が聴こえてきたから、出てきたよ」

早速、太鼓とギターのセッションが始まる。

佐渡で作られた太鼓は小さいながらも透き通るような音を出していた。

最近覚えた歌を歌った。もんさんの「あかるいきざし」

歌い終わると、シロさんは言った。

「それはもんの歌だろ?俺は昔からの友達だ」

すげ~。出会いとは不思議なものだ。

旅をしていると、ほんとに奇跡のような出会いが沢山ある。

その度に、ここでこの人と会うことは運命だったんだと強く思う。

シロさんもきっとそうだ。

「今日はうちに泊まってけばいい。うちと言っても俺も借りてるんだが・・」

シロさんは、2年ぶりの里帰りで北海道から佐渡島に帰ってきたらしく、

帰ってくる度にこの空き家を貸してくれるのだとか。

海沿いにある小さな家。窓からは海が一望できる、風もよく入り扇風機も要らない。

家に入り、しばらくすると近所で喫茶店を経営しているケイさんが来た。

ケイさんとは、さっき砂浜で話していたので憶えがあった。

その日の夜は、近所の人も集まり5人で酒を飲んだ。

シロさんが帰ってきた!とみんな嬉しそうだった。

その日は朝方まで語り合った。

シロさんは何十年も漫画を描いており、いろんなことに詳しかった。

地球のこと、歴史のこと、戦争のこと、宗教のこと、生き物のこと、現代のこと、

とにかく何でも知っていた。そして、旅人だった。

次の日は花火大会だったため、夕方まで海で泳いだ後、クララに服を着させ100m先の花火会場へ。

さすが島の花火。長岡の花火とは違い、人が少なかったがバスキング開始。

相変わらず、クララは花火の音が嫌いで震えていた。

売り上げも5千円と、目標の3千円を上回った。

路上で酒を頂いたのもあって、酔っ払って家に着く。

次の日は台風だったため、家から出れず、シロさんと一日中、外を眺めていた。

シロさんは、思ったことは相手に伝わるまで、とことん話す人だった。

夕食時、シロさんが刺身やら味噌汁やら作ってくれた。

腹が減っていた俺は次々にちゃぶ台の上に並ぶ料理に我慢できず、

「いただきま~す!」と箸をつける。

「ばか者!!一緒に食べるんだ!食事をするとは命を食べることなんだ。何をやってるんだ君は」

と一喝・・・。

「食事にはマナーがある。ルールがある。社会と同じこと。君にはそうものがない。一体、旅で何を学んできたのかね?」


・・・返す言葉もなかった。その通りだった。

そして、シロさんと近場の銭湯へ行った時のこと。

体を洗い、湯に浸かるとかなり熱かった。シロさんはまだ洗っていた。

曇り窓が開けれたため、開けると眺めが良く、風も涼しかったので大解放。

「気持ちぃ~~!やっぱ熱い湯には涼しい風に限るばい」

しばらくすると、スタッフの人がやってきて、

「すいません。湯がぬるくなってしまいますので・・」と窓を閉められた。

「あ、そうッスか。すんません・・」

湯に浸かるがやっぱり熱い。ちょっとだけならと少しだけ窓を開け涼しむ俺。

すると、シロさんが体を洗い終えやってきた。

「カズ。さっき窓閉めてって言われなかったかい?」

「言われたッス。」

「じゃ、閉めなきゃダメだろ!ガキの延長戦みたいなことやってんじゃねぇ!」

「はい。すいません」

シロさんの言葉はいつも、説得力があり、重みがあり、深い言葉だった。


「世の中にはいろんな考えやルールがあるんだ。そうことを踏まえて自分でよく考えて行動しなさい。

言葉ひとつにしてもそうだ。よく考えて発言しなさい。言葉というのは単なる伝達手段にすぎない。

だからちゃんと選ぶんだ。」

「カズがクララと旅してるのだってそうだぞ。中には虐待だって言ってる連中だっているってことを忘れるな。

妬む人もいるだろうし、君たちを見ただけで腹が立つ人もいるかもしれないんだぞ。」

「自分の好き勝手ばっかりやってたって、何よりセンスがない。カズはもっと本を読んだほうがいい。

そしてよく考えて行動する癖を身につけなさい。」





俺の旅学ってのはまさにその通りだった。

自分のやりたいことをする。人はいつ死ぬかわからない。3日後に事故で死ぬかもしれない。

あるいは90歳まで生きるかもしれない。どっちにしても人は遅かれ早かれ死ぬということ。

だったら、人は人。自分は自分な訳で、人になんて言われようが思われようが知ったこっちゃない。

俺はやりたいことをやるだけだ!嫌う人は嫌えばいい。

けど、応援してくれる人、共感してくれる人は大切にしていこう。

そこまでしか考えていなかったし、それが全てだと思っていた。

「それが音となって現れてるじゃないか。もっと大切に弾くんだ。そしたらもっと楽しくなるぞ。

ま、俺も若いときは人の話など聞かなかったけどな・・・ハッハッハッ!」




シロさんは本当にかっこよかった。

男として、先輩として、人として、俺は憧れをもった。

そして、何よりうれしかった。

この3日間「何を言ってるんだ君は!」と何回言われたことか・・・。

シロさんにそのことをを話すと、大笑いしていた。



昨日の朝、シロさんは北海道へと帰っていった。

「北海道に来たら、うちによってきなさい。農業学びたいのなら知り合いがやってるから。

そのかわり厳しいぞ。覚悟してこい!」と言ってくれた。



シロさんに次会うのが楽しみだ。








19:04  |  チャリ旅  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2010.08.04 (Wed)

暑中お見舞い申し上げますばい。

東京にもこんなきれいな朝焼けが見れるんやね。

IMG_0676.jpg


隆太郎がアンプを買ったので、毎日アンプ祭が朝まで行われた。

IMG_0684.jpg


都会の景色も乙なもんですな。

IMG_0705.jpg


毎週土曜日は代々木公園でセッション。

IMG_0686.jpg


ばあちゃんに見送られながらの出発。

IMG_0711.jpg


まず向かった先は栃木の日光東照宮。観光地での初路上ギターは752円。厳しい・・・。

IMG_0713.jpg


けど、石持さんに拾っていただき、大変お世話になった。

IMG_0714.jpg


そして福島へ。朝走ると風が気持ちいい。

IMG_0727.jpg


いやぁ~露天風呂は最高ばい!道の駅にあった足湯で疲れを癒す。

IMG_0726.jpg


お互いに暑さとの闘いが続く。

IMG_0736.jpg


飛び込みたい・・飛び込みたい・・。感情を抑え、汗だくで走り出す。

IMG_0733.jpg


この暑さゆえ、日陰の有り難さが身に染みる。

IMG_0738.jpg


山を越え、ようやく新潟の長岡へ着く。所持金残り3千円。

さっそく長岡駅前で路上をするも、100円だった。

「う~ん・・。明日が見えなくなってきたな・・・(汗)」

いろんな汗をかきだす・・・。

明日は長岡の花火大会。日本一の花火と噂の花火。2日間で約80万人の人が見に来るらしい。

この日を逃すまいと、ダンボールで俺をアピールする。

声もかれるぐらい歌った。


IMG_0741.jpg


結果オーライ!1万5千円の小銭をゲット!

そして、路上から見る花火は最高だった。

IMG_0760.jpg

IMG_0765.jpg


最後に上がった「フェニックス」という花火は夜空を埋め尽くす壮大な花火だった。

IMG_0767.jpg


明日は土手でがっつり花火見よう。そんな時に声をかけてくれた阿部ちゃんとやよいちゃん。

2人は夫婦で、こないだ虹の岬祭りに来ていた。

意気投合し、次の日はみんなで花火を見ることとなった。

次の日、偶然にもオーストラリアで出会ったあやことの再会。

まさかこんな所で会えるとは。4年ぶりだった。

IMG_0769.jpg


さすがに土手は人が多かったが、阿部ちゃんが場所取りをしとっててくれて、寝ながら花火を見れた。

IMG_0770.jpg


贅沢に見れて大満足だった。

IMG_0778.jpg


最高に盛り上がった。

IMG_0782.jpg


そして、今日は阿部家でのんびりとブログ更新中。

IMG_0785.jpg


明日からは佐渡島へ向かう予定ばい。

12:41  |  チャリ旅  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。